新築物件で後悔しないための注意点

>

どこに気をつけて購入すれば良いのか

トイレの位置に注意する

意外と盲点になっているのが、トイレの間取りです。
気に入った新築を見つけても、すぐに契約を結ばないでトイレの位置を確認してください。
玄関の真正面にトイレがある間取りは、おすすめできません。
するとお客さんが来た時に、トイレを見せることになります。
毎日綺麗に掃除していたとしても、トイレは不潔な場合だというイメージを持っている人がいます。

すぐにトイレが見えると、あまり良い気分にはなりません。
お客さんが訪れた時のことも考えて、玄関からトイレが見えないような間取りになっている新築を見つけてください。
どうしてもトイレが見えてしまう場合は、目隠しができないか考えましょう。
のれんなどで目隠しをすれば、気になりません。

洗面所の大きさ

洗面所が狭いと、選択をしにくいというデメリットが生まれます。
洗濯機を設置すると思いますが、自分も作業することになると窮屈に感じてしまうかもしれません。
ですから洗面所は、ある程度の大きさがあった方が便利です。
一般的な住宅より、洗面所が小さめに作られている新築も見られるので気をつけてください。

また、どこに洗濯機を設置すれば家事をしやすいのか考えてください。
設置場所によって、効率が良くなったり悪くなったりします。
面倒な家事が、もっと面倒になるのは嫌ですよね。
時間がなくても、短時間で済ませることができれば進んで家事に取り組むことができます。
毎日の負担を減らすことができる間取りを考えて、新築を選択しましょう。